コレステロール 薬物療法

スポンサードリンク

医師の診断のもとでの薬物療法

健康診断や献血などでの血液検査において高コレステロール値、高中性脂肪値を指摘され要注意または要検査の判断がされた場合、改めて医師の診断を受ける事をおすすめします。

 

健康診断や献血などを定期的に受診し、自分のコレステロール値や中性脂肪値を把握しおき、「食事+運動」でコレステロール・中性脂肪を適正に保つことが大事ですが、検診などで「要診断、要精密検査」と判断された場合は医師の診断を仰ぎましょう。

 

医師の診断といっても大げさなものではなく、再診断するつもりで受診するとよいでしょう。再検査の上で、コレステロールや中性脂肪を下げ平均的な状態に近づけるためのアドバイスを頂きましょう。

 

診断の上で、既に脳梗塞や動脈硬化の初期症状である・一定期間の「食事療法+運動療法」を施しても改善がみられない場合などは、医師の処方による投薬などの治療を行うとされています。「食事」と「運動」による効果に併せて「薬」などの治療がさらに効果を上げる可能性があります。

 

薬物療法を始める場合と治療の方法



既に動脈硬化が進行していると診断された場合、肥満・高血圧・糖尿病の危険因子を指摘されている場合、家族性高コレステロール血症の場合、食事療法+運動療法を3ヶ月程度続けても効果がなかった場合は以下の治療が考えらるようです。




【コレステロールを下げる場合】



HMG-CoA還元酵素阻害薬(通称:スタチン)と呼ばれるコレステロールの合成を抑えるくすりなどが主に治療に利用されるようです。効き目もよく副作用も少ないとされているようです。



【中性脂肪を下げる場合】



フィブラート系と呼ばれるクスリなどが利用されるようです。中性脂肪が肝臓で合成されるのを防ぎ中性脂肪を下げる効果が期待できるとのことです。



 

加齢によってなかなかコレステロール・中性脂肪が適正に保てない場合もあります。その際は医師の診断を仰ぎ、治療を行いましょう。

 

ただし、過去のデータにおいては2年以上の「食事+運動+投薬」によって効果がでてくると検証されています。じっくりと取り組む事が大事ですね!


  • SEOブログパーツ