コレステロール 高い

スポンサードリンク

コレステロールが高いと危険です!

健康で丈夫なカラダを維持するのに必要なコレステロールは、脂質や体質などで体内で多くなりすぎると、必要以上に血管の内幕に付着したり、それが酸化したり老廃物となり、白血球が処理していきます。

 

増えすぎた白血球の死骸、老廃物、カスが血管内に残りそれらが付着してしまいます。それはじょじょに硬くなって血管を少しずつ塞ぐ(詰まらせて)可能性があります。

 

それが「動脈硬化」「血流の流れのつまり」などをひきおこし、心臓や脳の血流の流れを塞ぎ耐えられなくなった場合「心筋梗塞」「脳梗塞」などを引き起こす恐れがあります。

 

「心筋梗塞」「脳梗塞」などは血管のつまりが限界値を超えてしまい一気に爆発してしまったという場合が多いようです。

突然発症する「心筋梗塞」「脳梗塞」

「心筋梗塞」「脳梗塞」は本当に恐ろしい病気です。血管のつまりが限界値を超えてしまうと急に悪化する恐れがあるからです。

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

コレステロールによいとされるナットウキナーゼ、DHA&EPA配合のサプリメント!送料無料です!!!納豆も青魚も苦手なので・・・オススメのサプリにしています!送料無料ですよ(・∀・)b

 

  小林製薬・[ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット] 送料無料

 

最悪の場合、そのまま「突然死」にいたる場合もあるようです。また全身・半身不随、身体の一部損傷、脳障害など発症後の後遺症なども深刻なケースが多いようです。

 

少しずつ血管の内膜に付着したものがどんどん蓄積され、血流を堰き止める・・・まさにサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ぶにふさわしいでしょう。

 

ですから、健康診断や献血などで総コレステロール値が高いと判断されていたり、家族内で血圧・コレステロール・中性脂肪が高い場合が多い場合は、充分に注意しないといけません。

 

コレステロールは加齢にしたがって、その数値を制御しにくくなることが多く、若いうちからコレステロールが高い方は要注意です。

 

コレステロールとは、「カラダに必要不可欠なものだが、ありすぎるとカラダに害を及ぼす」存在とされています。昨今の食環境はコレステロールの体内摂取を多くするパターンが多いので、日頃からの食生活に注意し、適度な運動で脂肪を燃焼することが大事になってきています。

 

低すぎても高すぎてもいけない・・・コレステロールをコントロールする必要があるよね、ということを覚えておくとよいですね(`・ω・´)ノ


  • SEOブログパーツ