コレステロール サプリメント

スポンサードリンク

サプリメントや健康食品を利用する

食事療法 のページでも記載していますが、コレステロールや中性脂肪を下げるためには食生活をコントロールする必要があります。

 

缶コーヒー、喫煙、甘味菓子、アルコールを控えることから始めて、食事の内容も野菜を一日に350g(うち緑黄色野菜を120g)程度を摂取できる食事、大豆類などの和食を中心としたメニューに切り替えていかなければなりませんが、いきなりの食事の内容を変更するのはかなりストレスがかかります。

 

サプリメントや健康補助食品を利用するのも一考です。メインの食事療法の効果をサプリメントや健康補助食品は更に効果的するかもしれません。私自身の経験では青汁などはかなりお奨めかなと思います。野菜嫌いの私でもお通じがよくなりました。

効果的なサプリメント・栄養補助食品

サプリメントや栄養補助食品は食事だけでは摂取しにくい食物繊維、ビタミン、カルシウムなどを適量に簡単に摂取できるという利点があるにはあります。またどうしても食べ物の好き嫌い(私は納豆とかきゅうりとかが苦手です・・・(゜д゜) )で摂取しにくい成分を補えるという非常にありがたい面もありますので、サプリメントや健康補助食品は効果的かつ上手に補助的に活用していきたいものです。

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

コレステロールによいとされるナットウキナーゼ、DHA&EPA配合のサプリメント!送料無料です!!!納豆も青魚も苦手なので・・・オススメのサプリにしています!送料無料ですよ(・∀・)b

 

  小林製薬・[ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット] 送料無料

 

但し、一日三回の食事が「メイン」でサプリメントや健康補助食品は「サブ」の役割です。忘れないようにしておきましょう。

 

成分でみる効果的なサプリメント・栄養補助食品

ナットウキナーゼ

大豆に含まれる酵素が血栓の溶解を促すとされています。食品では納豆が特にお奨め。大豆サポニンには高血圧・動脈硬化を改善する効果があるとされています。

 

青汁

生の緑黄色野菜をすりつぶして搾った搾り汁のもを青汁ということがおおいです。糖分を含んでいない無添加・無香料・無着色のものがお奨め。ビタミンA、ベータカロチン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維が豊富で野菜摂取不足を補え、体質改善などに効果的とされています。

 

プロポリス

活性酸素の働きを押さえてコレステロールの酸化を抑制するといわれています。

アガリクス

血液中のコレステロールを減少させるといわれています。

イチョウ葉

フラボノイドによる血管拡張作用が有効とされています。

コエンザイムQ10

脂肪をエネルギーに変え排出するとされています。

アルファ(α)リポ酸

脂肪燃焼を促進させ、代謝を促すといわれています。運動前などの摂取で脂肪燃焼率を高める効果があるとされています。。

ポリフェノール

血流を促進し、血栓をできにくするとされています。活性酸素の働きを押さえてコレステロールの酸化を抑制する効果があるようです。

 

フコイダン

水溶性の食物繊維を多く含みコレステロールの排出を促すとされています。

 

ブルーベリー

アントシアニンが毛細血管を保護し、血栓をできにくくするといわれています。また視力の維持・向上などに効果があるといわれています。

ノニ

血小板の凝集を抑える成分が含まれているとされています。

発芽玄米

140種類にも及ぶ栄養素で体のバランスを整える効果があるようです。

 

 

どれだけ気をつけてもなかなか理想通りにならない食生活において、必要な成分をカラダに補給してあげるという目的でのサプリメントの利用もご一考ください!


  • SEOブログパーツ