コレステロール 食事療法

スポンサードリンク

食事療法:バランスを意識した食生活を心がける

食事療法というと大層な事を行うように感じますが、「一日3食をバランスよく食べよう」ということだと思うとよいでしょう!

 

控えたい食品

バランスの良い食生活を続ける事で「体重を落とし、脂肪とコレステロールの増加を抑える」ことを目的するよう自分や家族でコンサルティングしていきましょう!

 

一日30種類以上のたくさんの食品をバランスよく摂取することを心がけましょう。食べ過ぎ、飲みすぎにも注意です。エネルギーと栄養バランスを考えて、「一日3食・総カロリー:1600Kcal」前後のカロリーを摂取していくのが理想とされています。

 

食べてはいけないというわけではなく、食べ過ぎないようにした方がよい食品もあります。特にコレステロール値や中性脂肪値が高い方は注意が必要とされています。

 

高コレステロール値の場合

目的:コレステロール値の摂取量を制限する

メイン:食物繊維をとくに積極的に摂取するよう心がける

コレステロールの一日摂取量の目安は300〜400mg

【控えたい食品】



脂肪(特に動物性脂肪)の多いとされる卵類、肉類、動物性脂肪分を含む食品の摂取を抑えるよう心がける



鶏卵(約210mg/1個)、うなぎ(約180mg/1串)、レバー(約150mg/50g)、バター(約21mg/10g)、いくら(約100mg/20g)、いか(約190mg/50g)、あんこう(280mg/50g)、コンビーフ、ベーコン、魚の卵、卵料理、動物性脂肪分の多いスープ(ラーメンなど)、揚げ物料理、お肉(牛・豚・鶏)の脂肪部分などなど



 

高中性脂肪値の場合
目的:糖分の摂取をなるべく控える

メイン:缶ジュース、アルコールの摂取を控える

糖分の一日摂取量の目安は砂糖20g分程度とされている

【控えたい食品】



砂糖を多く使った製品、アルコールの摂取、等質の高いフルーツを控える



甘いお菓子や甘味飲料、アルコール、糖質の高い果物(りんご・オレンジ・キーウィなど)などなど

缶コーヒーなどは1本で砂糖一日分が含有されているものもあるといわれています。



積極的に取りたい食品と食べ方

積極的にとりたい食べ物は以下の表です。主に緑黄色野菜、青魚、大豆、大豆製品、海藻類など健康にもよく便などのお通じもよくなる食品ばかりです!コレステロールなどを体内の老廃物と一緒に排出してくれる繊維質が豊富ですので積極的に摂取するとよいとされています!

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

コレステロールによいとされるナットウキナーゼ、DHA&EPA配合のサプリメント!送料無料です!!!納豆も青魚も苦手なので・・・オススメのサプリにしています!送料無料ですよ(・∀・)b

 

  小林製薬・[ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット] 送料無料

 

 

積極的に摂取したい食品やお奨め食材

目的:食物繊維を多く摂取して老廃物を体外に排出させる。また血液をサラサラにする食品(納豆など)を摂取するよう心がける

野菜は一日350gの摂取が理想です。そのうち緑黄色野菜は一日120gを目安に摂取(両手いっぱい分)することがよいとされています。

【積極的に摂取したい食品】



緑黄色野菜、根菜類、青さかな、大豆、大豆製品、海藻類、ひじき、わかめ、きのこ、納豆など



特に納豆はコレステロールを下げるリノール酸・サポニンを多く含み、血液をきれいにするビタミンやカルシウムも多く含んでいるとれているのでお奨め!
私も納豆一日1パックを目安に摂取するよう心がけています!



一日摂取分の野菜を食べると大変ですが、青汁や健康補助食品での摂取は手軽で便利でないでしょうか。甘味飲料を飲むなら野菜ジュースを。但し、なるべく糖分が多く含まないものを選びましょう。

 

そのままだと味気ないと思わずに、調理方法を工夫するなり、料理の組み合わせを工夫するなりで控えたい食品と積極的に取りたいもののバランスを考えてくださいね!
総摂取の1(控えたいもの):3(積極的に摂取したいもの)で積極的に取りたい食品を多くとるように心がけてみるのもひとつの手では!?私はそのように心がけています。なかなかうまくいかないですが(´Д`lll) 


  • SEOブログパーツ