高脂血症危険度診断

スポンサードリンク

高脂血症の危険度診断

高脂血症危険度は健康診断や献血などでの血液検査で数値化される総コレステロール値や中性脂肪値などで判別が可能です。下記の表の内容を確認してみてくださいね!

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット

 

コレステロールによいとされるナットウキナーゼ、DHA&EPA配合のサプリメント!送料無料です!!!納豆も青魚も苦手なので・・・オススメのサプリにしています!送料無料ですよ(・∀・)b

 

  小林製薬・[ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット] 送料無料

 

 

 

 

 

 

 

検査名

意味と病状の恐れ

総コレステロール

標準計測数値 → 130 〜 219 mg/dl

生活習慣病の元凶ともなり動脈硬化の進み具合を診断できます。肝臓病とも関連があります。

高い:肥満、動脈硬化、糖尿病、家族性高コレステロール血症の恐れがあります。

低い:肝臓障害、貧血、栄養障害の恐れがあります。

HDLコレステロール

標準計測数値 → 40 以上 mg/dl

動脈硬化を予防する善玉コレステロール。血液中の比率がたかいほど、動脈硬化や心臓病になる危険性が低いとされます。余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きがあります。

低い:動脈硬化、高血圧、高脂血症、虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞などの恐れがあります。

LDLコレステロール

標準計測数値 → 150未満 mg/dl

動脈の血管壁にたまって動脈硬化を促進する悪玉コレステロールです。過剰になると血管に付着して動脈硬化を引き起こす原因ともなります。

LDLコレステロール=総コレステロール値−(0.2×中性脂肪)− HDLコレステロール で計算されます。

※中性脂肪が400mg/dlの場合は「0.16」で計算します。

高い:動脈硬化、高脂血症の恐れがあります。

中性脂肪

標準計測数値 → 30 〜 149mg/dl

カラダにとって重要なエネルギー源ですが、血中で多くなると肥満や脂肪肝の
原因ともなります。

高い:肥満、脂肪肝、動脈硬化、糖尿病、高脂血症の恐れがあります。

低い:甲状腺機能などの恐れがあります。

 

※こちらは管理人の健康診断表をもとにしたデータです。各々の地域・団体で数値違う可能性もございます。
お手元に過去の健康診断の血液検査の数値表がある場合でしたら、是非この機会に再度ご確認ください。加齢により数値が上がっていたり、下がっている場合は注意が必要な場合もあります。
特に私の場合は20歳(;´Д`)から総コレステロールの値が高く常に注意されていますので、食事や運動などにも充分気をつけなければいけません。中性脂肪はスポーツクラブに通いだして減ったのですが。。


  • SEOブログパーツ